占星術における1年の考え方

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは。
ケーナ・ボクソンです。

前回のブログ記事に、
フォロワーさんからこんな質問が寄せられました。

「2020年になったのに、
2019年の春分図を見るんですね」

そう、現在一般的には、
1月1日を新年として、
グレゴリオ暦にのっとって
カレンダーを作っていますが、
占星術では、
春分~次の春分までを1年として考えます。

今日はその辺のことについて、
解説してみたいと思います。

 

1年の始まりは、春分!?

 

春分というのは、皆さんご存知、
「昼と夜の長さが同じになる日」のひとつです。
天文学的には、
「黄経が0度」になる瞬間であり、
春分=春分の日、ではありません。

占星術では、
この瞬間をもって牡羊座の始まりとします。

占星術には、
物事が始まった瞬間のホロスコープが、
その後の全体を表す、というルールがあり、
このため、春分=新年の瞬間のホロスコープが、
その後1年間の運勢を表すと考えられているのですね。

ちなみに、春分の瞬間のホロスコープ=春分図は、
主に世相を見るのに用いられます。
国全体のことは、首都の春分図を、
各々の地域のことについては、
その地域の春分図を見ることになります。

 

個人の1年間のスタートはどこから?

 

ところが、これが個人になると、
春分図ではなく、
ソーラーリターンチャートと呼ばれる、
別のホロスコープを見ていくことになります。

なぜなら、個人の場合は出生年月日が
はっきりとわかっているからです。

その場合も、春分図と同じで、
自分の生まれたときの太陽の位置に、
太陽がもう一度帰ってくる瞬間を、
1年の始まりとします。
これをソーラーリターン
その瞬間のホロスコープのことを、
ソーラーリターンチャートといいます。

現在は太陽暦で、
私たちは生きていますから、
ソーラーリターンの瞬間は、
お誕生日か、その前後1日になることがほとんどです。

ちなみに、ソーラーリターンチャートは、
出生時刻がわからなくても、
算出することが可能です。
太陽は1日に1度程度しか動かないので、
1日の範囲内であれば、
誤差は診断に大きな影響を及ぼすものではないからです。

私の鑑定では、
お誕生日月には、鑑定料を半額にする
サービスをさせていただいていますが、
これもお誕生日前後に来ていただくことで、
運勢が無駄なく拝見できるためです。

お誕生日月に鑑定料を半額にする、
お誕生日クーポンは、
LINEより配布しています。
気になる方は、
LINEにご登録くださいね。

友だち追加


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。