春分の日までにしておくこと

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは!
ケーナ・ボクソンです。

日に日に、
暖かな日が増えてきましたね。
3月20日12:49に、春分を迎えます。

この日は、占星術上のお正月。
1年の始まりの日です。

この日は、
大阪でイベントをするのですが、

まぁその話はちょっと置いといて。

今日は、春分の日までに、
やっておいてほしいことを、
お話ししたいと思います。

 

まずは基本の「断捨離」

 

春分の前には、
「断捨離してね」
「お掃除してね」
そう毎年言っているのですが。
これにはきちんとした理由があります。

この世のものは、
スタートした時のエネルギーが、
その後を支配するという
ルールがあるからです。

スタートダッシュで失敗したら、
巻き返すことは難しいように、
スタートした時に良くない状態だと、
その後下手すると1年、
その良くない状態を、
引っ張ることになります。

だから、春分の前には、
断捨離や掃除をして、
波動を軽くし、
スムーズにスタートを切れるように
準備をしておく必要があります。

これは、何も春分に限らず、
夏至、秋分、冬至、
一般的なお正月、
誕生日などの節目にも、
同じことが言えますので、
これらの前には、
断捨離とお掃除をしておくのがベターです。

特に、布類は邪気を吸いやすいので、
古くなったタオル、シーツ、
マットやカーテンなどは、
可能な範囲内で新調しておきましょう。

勿論、古くなったものは、
あなたの「厄」がしみ込んでいますから、
惜しまずに処分しましょうね。

 

今年の春分は、土星が主役!?

 

今年の春分では、
土星が山羊座ギリギリの29度。
これは涙の度数といって、
一般的にその星座の意味を強調しています。

山羊座は、土星のホーム。
権威や権力、
ある種の到達点の象徴でもあります。

そして、春分の2日後、
土星は山羊座を離れ、
一時水瓶座へ。

その後逆行を経て、
7月3日に再び山羊座へ戻ってくるものの、
12月17日に再度水瓶座へ入り、
その後山羊座へは戻りません。

これは、
ここまで頑張ってきたことで、
どうしても達成できないことがあるのだとしたら、
それはもう今年限りで、
見切りをつけなさい、ということ。

一応、最後のあがきという期間は与えられてはいるのです。
今年の夏から年内まで。
でも、これでダメなら、
もう次へ進むべき。

特に、
それが長ければ長かった人ほど、
新しく始まる人生のインパクトは大きなもの。

水瓶座は、「改革」の星座。
既存のものを、
ぶっ壊してナンボ。

今までのあなたを
いい意味で「壊して」
新しいあなたへと、
「再生」してくださいね。

 

あなたの「家」を整えて

 

一番初めに申し上げた、
「断捨離」とか「掃除してね」と、
ちょっと内容は被ってくるのですが、
できれば春分までに、
家の中を人がいつ来てもいいように、
整えておいてください。

と、言うのも、
今年の春分から始まる1年間は、
非常に社会性の強調される1年。

お仕事を持っていない方でも、
親戚やお子様関係のお付き合いなどで、
何かと多忙かもしれません。

逆に言えば、
社会と何も接点を持っていない人は、
2020年の幸運を、
取り逃す恐れ大。

引きこもっている人がもしいたら、
今すぐ着替えて、外へ出てください。
(女性だったらメイクもしてね)

忙しくなりそうな年なので、
おうちは1度きれいに作り込んで、
それを維持するのがベスト!

お金に余裕のある方は、
プロにコーディネートを
頼むのもいいでしょう。

キーワードは、
「人を呼んでも恥ずかしくない状態」。

豪華なインテリアである必要はありませんが、
他人から見て、
清潔感のある空間を心がけましょうね。

いかがでしたか?

突然ですが、
冒頭で紹介したイベントは、
ホテルの料亭&スイートルームで行います。

2020年の春分という、
スタートを切るのにピッタリの環境です。

しかも春分の瞬間を、
この空間で過ごすので、
とてつもなく大きなパワーを受け取ることが予想されます。

既に残席少なくなってきています。
2020年は、金運もバストも上げていきましょう♪

画像クリックすると、
イベント詳細へ飛びます。


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。