木星・土星・冥王星の組合わせは、何がスゴイのか?

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは。
ケーナ・ボクソンです。

一昨日から、山羊座木星期がはじまりました!

「2020年 山羊座木星期の過ごし方」
お手元にある方は、
それをご覧いただくとして。

今日は山羊座木星期の
「何がスゴイのか?」について、
解説したいと思います。

 

山羊座木星期は、
グレートコンジャンクション時代!?

 

占星術で、同じ場所に天体が2つ以上あって、
見かけ上重なって見えることを、
コンジャンクション、またはと言います。

文字通り、天体が同じ場所にいるイメージ。

山羊座木星期には、
木星・土星・冥王星が、山羊座に集結。

木星は、約12年で12星座を1周、
土星は約29年で1周、
冥王星は約248.5年……

掻い摘んで言うと、
この3天体がコンジャンクションになることは、
我々が生きてるうちにはもうないってこと。

そう考えると、
すごい天体ショーを、
私達は目の当たりにしているわけです。

 

山羊座×木星×土星×冥王星、
占星術ではどう読み解く?

 

で、一生に一度の、
スペシャルな山羊座木星期に、
我々は生きている訳ですが。

山羊座は、権力の象徴。
あるいは、キャリアや、目標とすること、
社会性なんかを表します。

人生の到達点、と表現することもあります。

そこに、「強制力」を表す冥王星が入り、
何かを成し遂げることについて、
私たちは半ば強制されるような流れの中にいます。

でもね、冥王星は、
2008年ごろには山羊座に入っていて、
とっくにその流れは始まっているんです。

で、あなたの山羊座が何を表しているのかは、
あなたの山羊座が「何ハウス」の担当かで
決まります。

まずは、以下のサイトで、
あなたの生年月日、出生時間、
出生地の緯度経度を入力して、
出生図を出してください。

http://www.m-ac.com/pages/setting_j.php

出生図が出せたら、
あなたの山羊座を探します。

これは私の出生図ですが。

山羊座っていうのは、
この図で一番下にある、
このマーク。

で、この山羊座のエリアに突き刺さっている、
棒の右わきにある、
大きい方の数字に注目してください。
(たまに棒が2本突き刺さっている人もいます)

私であれば、「4」ですね。
これは、山羊座が「4ハウスの担当」であることを
表しています。

ハウスの基本的な意味に関しては以下の通り。

1ハウス
自分自身

2ハウス
収入、才能

3ハウス
勉強、コミュニケーション、兄弟

4ハウス
家庭、家族

5ハウス
恋愛、子ども、趣味、レジャー

6ハウス
お金をもらってする仕事、病気

7ハウス
配偶者、パートナー、交渉

8ハウス
死、保険、ご先祖様、オカルト

9ハウス
学問、芸術、法律、旅行

10ハウス
起業している仕事、社会的なこと

11ハウス
仲間、ネットワーク

12ハウス
ボランティア、スピリチュアル

私であれば4ハウスですので、
家庭的な何かに関して、
ある種の到達点を強制させているということになります。

確かに、私は2009年に結婚し、
冥王星が山羊座にいる期間というのは、
子どもを産んで、家庭を作る時期でした。

こんな風に、
あなたも上記のキーワードを参考に、
ご自分にとっての
「冥王星が山羊座にいる意味」
考えてみてください。

 

そこに土星が入ると……?

 

そこに土星が入ると、
今まで築き上げてきたものが、
揺り動かされます。

土星は試練の星。
築き上げたものが強固なものになるよう、
揺さぶりをかけているのです。

ここで揺さぶりに耐えられるようであれば、
その後30年は安泰。
文字通り、盤石なものとなるでしょう。

でも、ここで耐えられなければ、
新しいものを構築する必要があります。

土星は、2017年末に山羊座に入っているので、
揺さぶりはもう感じているはず。

私の場合は、
築き上げた家庭に対する揺さぶりというわけで、
うん……まぁ……ありますね。

これまでが不安定だったわーという人は、
土星は「安定」の星でもありますから、
「2017年末ごろから安定してきた!」という人もいるでしょう。

あなたの場合はいかがでしょうか?

 

そこに木星が入ると……?

 

で、そこに木星が入ると、
現在の状況が、「拡大」します。

木星は、一般には吉星と言われていますが、
それは「拡大」のエネルギーを持っているから。
でも、これには注意が必要で、
ありがたくないものも拡大してしまうのです。

揺さぶりがかかっている人は、
その揺れがさらに大きく。

安定傾向な人は、より安定へ。

この辺は人によりますので、
ご自身の近年を振り返り、
予想していただきたいと思います。

どっちにしたって、
2020年の1年間は、
大きなターニングポイントとなる人が多いでしょう。

詳しくお知りになりたい方は、
鑑定にお越しくださいね。


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。