マウントしたがるのは○○の裏返し!?もしもあなたがマウントされたら

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは!
ケーナ・ボクソンです。

今日のテーマ、
マウント。

人間は社会的な生き物ですから、
ある意味で仕方がないのかもしれません。

制度的な身分制度が崩壊した今、
どんな人であっても、すべて平等なはず。

が、現実には、
「見えないカースト」が至るところに存在していることは、
あなたもよくご存じのことだろうと思います。

今日は「あなたがもしマウントされたら」ということで、
その対処法をお伝えしたいと思います。

 

マウント「する」のは、
不安の裏返し

 

「もう私は、○○だから~」
「○○さんは、あの程度だから~」

こんな言葉を伴った、
マウントにあなたも遭遇したことがあるでしょう。

どんな形にせよ、
勝手に優劣をつけて、
相手を見くだすような態度は、
気持ちのいいものではありません。

でも、誰かをマウントするのは、
マウントしたい人に脅威を感じているから。
つまるところ、不安なのです。

だから、マウントされたら、
まずは「あぁ、この人不安なんだな」と認識すること。
それだけで、不快感がだいぶ和らぐはずです。

 

マウントする相手には、反論しない

 

そして、マウントする相手には、
相槌を打つ程度にとどめて、
サッサとその話題を切り上げるのが吉。

「でも」などと反論しても、
火に油を注ぐようなもので、
余計に面倒な事態を招いてしまいます。

相手がマウントしてきたら、
「そうなんですね~、あっそういえば~」と言って、
話題を切り替えるのがベスト。

マウントした相手は、
マウントすることが快感なのですから、
そういうことを言った時点で満足しています。

 

マウントすることの、霊的な危険性

 

人間の社会では、ごくありふれたマウントですが、
霊的には危険な行為であることもしばしば。

例えば、AさんがBさんに対してマウントしたとします。
でも、Bさんの守護霊の方が格上だったら……?

これって、Aさんの守護霊が格上の守護霊に対して、
喧嘩を売っているのに他ならないんですね。

例えて言うなら、平社員が社長に対して、
「僕の方が上なんで」というようなもの。
失礼極まりない行為です。

Bさんの守護霊が大人で、
ハイハイと聞き流してくれるタイプならいいのですが、
多くの場合、そうではありません。

というか、
格が高ければ高いほど、
マウントのお仕置きも強烈です。

些細なマウントが原因で、
運を落としてるんだろうな、という人を、
実はかなり見ます。

相手の霊格がわかるような霊能者ならばまだしも、
一般人がマウントするのは、非常に危険です。

でも、マウントするような人には、
私のこの言葉など、
意味すら分からないかもしれません。

だからこれ読んでいるあなたには、
他人をマウントして格を落とすような、
バカなことはしないでいただきたいのです。

どんな人にも、
素晴らしい点が必ずあります。

相手をリスペクトする
=相手の存在を認める、
これを忘れないでくださいね!

LINEにご登録いただくと、
ブログ更新通知の他、
日々のラッキーアドバイスが届きます。

無料ですのでよかったらどうぞ♪
↓ ↓ ↓
友だち追加


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。