精神障害とホロスコープ

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは!
ケーナ・ボクソンです。

先日、投稿した記事の中に、
双極性障害のことについてちらっと書きました。
その件で反響がありましたので、
今日はこれについてもう少し、
詳しく書いてみたいと思います。

 

双極性障害とは?

 

双極性障害とは、
気分がハイな躁状態と、
ローな鬱状態を繰り返す病気です。

繰り返す、とは言っても、
それは数年単位のスパンであることが普通で、
3か月に1回程度のスパンで躁状態があるようなら、
それは「急速交代型」と呼ばれます。

ちなみに私は1ヵ月に1回、3日間ほど、
躁状態があります。

遺伝的要因が大きいと言われていますが、
詳しいことはわかっていません。
ストレスが引き金になって発症するとされています。

概説的なことは、
あとはグーグル先生にでも聞いていただくとして。
ここからはイチ患者としての実感を
書いていきたいと思います。

 

躁状態ってどんな感じ?

 

気分がハイになって、
頭の回転、身体の動きが、
やたらとよくなります。

例えて言うなら、
マリオのスター状態。

気分も大きくなっているので、
普段はできないような
大胆な決断ができちゃいます☆

双極性障害は、
優秀な人が多い、と言われますが、
それはこの躁状態がクローズアップされているから。

普通の人ができない量の仕事をこなし、
普通の人ができない決断をしていたら、
そりゃー評価されますよね。

でもね、これ、スター状態なんで、
いつかは終わります。

いつかは終わります。
大事なことなんで2度言いました。

私は1型と呼ばれる、
躁が激しいタイプなのですが、
頭の中の水分がすべて干上がるような、
激しい躁を経験した後の鬱は、
正直地獄です。

躁と鬱のスパンが長いうちは、
躁でも鬱でもない、
寛解期と呼ばれる時期がありますが、
残念ながら私にはもうありません。

躁か、鬱か、
その両方が入り混じる混合期か。

ですので、気分の波は、
刻々と変化していきます。

今は、薬を服用しているので、
だいぶフラットになってはいますが、
それでも、体調によっては、
波が強く出たりすることもあります。

 

鬱状態は?

 

双極性障害の鬱状態は、
鬱病のそれと、同じように見えます。

しかし、用いる薬は全く違い、
双極性障害に鬱病の薬を用いても、
効き目がないばかりか、
逆に悪化したりします。

とはいえ、
双極性障害では、
躁:鬱の割合が、
だいたい1:4程度。

圧倒的に、鬱の期間が長いため、
長い間鬱病と誤診されるケースが多いのです。

私の場合、気分の落ち込みよりも、
だるい、背中が痛い、起き上がれないといった、
身体症状が強く出ます。

 

精神障害は、ホロスコープに出るのか?

 

ここで、本題。
「精神障害は、ホロスコープに出るのか?」です。

結論から先に言うと、
出ます。

肉体の病気と同じように、
それが生涯を通じて長くその人を悩ますのなら出生図に、
一過性のものなら年運に、
それぞれ出ます。

私の場合は、
「精神」を表す3ハウスカスプに、
「異常、高揚」を表す天王星と、
「拡大」を表す木星が乗っています。

しかも、3ハウスは射手座。
ダブルサインです。

ここからでも、
十分双極性障害はイメージできますが、
私の場合、
金星/木星、天王星=ASC(直接)が成立するので、
より際立った出方をしていると思われます。

金星が8HRであることから、
常に死を意識させられたことも現れているように思います。

双極性障害は、
現代の医学では、
治すことができません。

躁と鬱という、
ふたつの自分の影に苦しみながら、
長い時を過ごしていくことになります。

占いで、病気の診断はできませんが、
かかりやすいかどうかの傾向はわかります。

なお、この記事は不安をあおることが目的ではありません。
病気の啓蒙が目的です。

この記事を読んで、
ご自身が、あるいは近しいどなたかが、
この症状に当てはまっているようでしたら、
早めに病院へ行って、
医師の診断を受けてくださいね。

友だち追加


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。