一体この先どーなんの!?社会天体の逆行と理想と現実

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは!
ケーナ・ボクソンです。

私は、2−3日に一度、
月の動きに合わせたラッキーメッセージを、
LINEにて配信しているんですが。

友だち追加

最近、
このラッキーメッセージ書いてて、
頭を抱えることが多い。
「何この流れ?」みたいな。

そして、
メッセージ読んでくださってる方からの、
悲痛なメッセージも多い。

多分、向かうべきところは、
もうすでに決まっている。
だけど、
そこにまっすぐ向かえばいいはずなのに、
なんかよくわかんないところを通ったり、
迂回したり、
立ち止まったりしている。

いえ、本人の意思で、
寄り道する分には別にいいんです。
寄り道も醍醐味だったりするし。
だけど今回はそうじゃないから、
悩んだり、
翻弄されたりする人が多いみたい。

この流れは今に始まったことじゃないんだけど、
夏至をすぎて、
木星・海王星と相次いで逆行に入ったことで、
なんかよくわかんない流れが加速してきている。
8月には天王星も逆行し出して、
いわゆる社会天体が全て逆行する期間がやってくる。

2021年10月半ばには、
冥王星→土星→木星と、
相次いで順行に戻り、
晴れてこの逆行祭りは終わるけれど、
それまでまだ数ヶ月あるし、
ちょっと気をつけた方がいいかもしれない。

今日はその逆行祭りを
乗り越えるためのアドバイスを
お伝えできたらいいなと思います。

 

社会天体ってなぁに?

 

占星術では、
太陽、月、水星、金星、火星を
その人個人の資質を表すものとして
個人天体と呼び、
木星以遠の天体は、
主に社会的なものを表すものとして、
社会天体と呼びます。

ご存知のように、
社会天体は動きが遅く、
木星でも12星座を1周するのに約12年、
冥王星だと約248.5年もかかります。

このように、
ただでさえ動きの遅い天体に、
逆行という地球からの見かけ上の運動が加わることで、
天体がホロスコープ上のある地点に長いこと留まる、
そういう現象が発生します。

社会天体は、
個人よりも社会、
すなわち世相や国家に大きく影響します。
とはいえ私たち個人も、
社会の中で生きているため、
社会天体の影響は皆無ではありません。

 

社会天体の逆行スケジュール

 

で、社会天体は、
今以下のようなスケジュールで動いています。

木星
2021年6月21日 魚座2度で逆行開始
2021年7月28日 魚座から水瓶座へ戻る
2021年10月19日 水瓶座22度で逆行終了

土星
2021年5月24日 水瓶座13度で逆行開始
2021年10月11日 水瓶座6度で逆行終了

天王星
2021年8月20日 牡牛座14度で逆行開始
2022年1月19日 牡牛座10度で逆行終了

海王星
2021年6月26日 魚座23度で逆行開始
2021年12月2日 魚座20度で逆行終了

冥王星
2021年4月28日 山羊座26度で逆行開始
2021年10月7日 山羊座24度で逆行終了

 

この中で影響が大きいのは、
やっぱり星座を跨いで逆行する木星。

擬人的に言うなら、
「仕事で実家の近くまで来たから、
一旦実家に寄って荷物置いて、
仕事に行くぜ!」みたいな感じ。
そして実家にはおかんがいて、
「あんたこれから先どうすんの?
結婚はまぁだ?」
なーんて言われたりして。
あくまでも例えです。

なんかね、
昨年末、木星が水瓶座に入ってから、
私たちは結果とか、
未来を焦っていたのかもしれない。
急造の城は脆いと分かっていても、
とりあえず形にしてしまいたかった。

それは、
コロナで先が見えないから、
とりあえず目指すものが欲しかった、
心を支えてくれるものが欲しかった、
そういうふうに出ている人もいるかもしれません。

だけど、
急造の城は実用には耐えられない。

4月に冥王星が逆行し、
「そもそもこの城、いる?」
そういうところにメスが入る。
それをパスできた人は、
5月の土星の逆行で、
実用面のチェック。

したらばまーーー、
出るわ出るわ、
不備不良不具合の嵐。

勢いに任せてしまったから、
まぁ仕方がないけど、
このまま放置もできないので、
修正なう。

そしたら海王星の逆行で、
粉飾予算が明らかになったり、
協力的だった施工業者が去ったりと、
「見通しが甘かったよね?」
そういった現実を突きつけられそう。
 ↑
今ここ。

で、最後の天王星逆行で、
「この機能は盛りすぎだよね?」
そういう余計なオプションを撤去して完了。

なんか気が遠くなりそうですが、
今私たちは、
そういう流れの中にいるということを、
まずは押さえていただきたいのです。

 

それでも、城はできる

 

でもね、
この流れの中にいる限り、
途中でギブアップしなければ、
城はできる。
城はできるんです。

まずは理想を詰め込んで、
その後実用を考えた、
理想と現実の折り合いのついた、
立派な城ができます。
あなたがギブアップしなければ。

今は7月、
私の周囲に限って言えば、
4月末の冥王星のメスの段階で、
ギブアップしちゃってる人が多い。
とりあえずそこを乗り越えても、
5月末の実用面検討の時に、
手放しちゃった人もいるし。

今は見通しの甘さを
突きつけられている人が多いんだろうけど、
結局、やるかやらないかはあなた次第。

そもそも、
ここまで来ちゃってる人は、
かなり多くのものを、
この城に投資していることでしょう。
お金だったり、
時間だったり、
労力だったり、
情熱だったり。

あなたはその城を望んだから、
築城に着手したはず。
今は見通しの甘さが明るみになったから、
それとの折り合いをつける時期。

それによって、
盛りすぎた機能を調整して、
早ければ秋分を過ぎた頃、
遅くても年明けには、
城は完成します。

そして、
「城がある」ってことは、
これからのあなたの人生で、
大きな意味を持ってくると思う。

だけど、
この城を完成まで持ってくのが、
ものすごくシビアなことだというのは、
星を見ていればよくわかるので、
よくよく考えた上で、
諦めるという選択をするのなら、
それもまたひとつだと思う。

だけど、
諦めることはいつでもできるから、
様子を見たり、
休憩したりして、
とりあえず英気を養うことを、
私はオススメするかな。

よく休んで、
元気になったときに、
「もういいや」と思うんだったら、
諦めたらいい。

でも、
打ちひしがれている時に出した結論は、
きっと後で後悔すると思うのです。

あなたがつぎ込んできたものは、
きっと無駄ではないし、
その城はあなたにとって重要な意味がある。

今後の見通しを踏まえた上で、
今後どうするかのヒントになれば幸いです。

友だち追加

日々のヒントはLINEのメッセージを参考にしてね♡


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です