もうすぐ春分!抑えておくべき傾向と対策

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは!
ケーナ・ボクソンです。

東京は梅が満開でした。
もう春ですね〜。


さて、3月18日に太陽が魚座に入り、
2021年の春分まであと1ヶ月を切りました。
2021年の春分は、
2021年3月20日18:37です。

占星術では、
春分を1年のスタートと考えます。
占星術上の新年なので、
最近では「宇宙元旦」ということもあるようです。

コロナ禍で大変だった2020年。
失ったものを取り返すことはできませんが、
私たちは希望に向かって歩いていけるはずです。
そのために、新たなスタートというのは、
必要不可欠なはず。

今日は今年の春分の傾向と対策と、
春分までにしておいて欲しいことを
お伝えしたいと思います。

何はなくともまず掃除

 

春分の直前、魚座の季節のテーマは、
ズバリ掃除。

家の中に溜まった不用品を片付けて、
見えないところまで、
隅々を掃除。

コロナの影響で、
最近は消毒液をご自宅に常備されている方も多いでしょう。
魚座の掃除のテーマは、
目には見えないカビ・ホコリ・ニオイまでとる、ということ。

なので、普段のお掃除にプラスして、
拭き掃除を徹底してください。

お湯に、塩・重曹・アロマオイルを溶かして、
古いタオルを切って作った雑巾で拭き掃除。

アロマはお好みのもので構いませんが、
消毒目的ならティーツリーやユーカリがおすすめです。

この時期は花粉症でお悩みの方も多いもの。
拭き掃除を徹底させることで、
家の中もスッキリしますよ!

 

布製品を入れ替える

 

お掃除が終わったら、
普段使っているタオル、ラグ、カーテンなどの布製品を、
新しいものに交換します。

タオルは寿命がわかりづらいですが、
手を拭くタオルは半年、
バスタオルやラグは1年を目処に交換するのがおすすめ。
もったいないように思うかもしれませんが、
そのくらい使うと、もう看過できないほどに、
汚れてくるのですね。

信じられなければ、
ご自宅のタオルを白いもので揃えてみてください。
秋を迎える頃には、
私の言った意味を実感すると思います。

古いタオルは、
必要な分は雑巾にしてもいいのですが、
医療機関や動物保護施設に寄付するのがおすすめです。
その際は事前に電話して、
寄付してもいいか問い合わせてからにしてくださいね。

自分の心と今後を見つめ直す

 

ここまでは、
春分前に毎年やっていただきたいことですが、
ここからは今年限定のこと。

いつもだったらここで、
春分図の解説を入れるのですが、
今回はね、ちょっと趣向を変えます。

というか、
今年の春分図は、
個人では大変使いづらい配置なんですよ。

それよりも、
今の流れをお伝えして、
今どの辺にいるのか把握してもらったほうがいいと思うのです。

春分につながる流れは、
実は昨年末から始まっていて、
かなり二極化の差が広がってきたな〜という印象。

年末〜1月にかけて動きがあった人は、
本当にその選択をする覚悟があるかどうか、
揺さぶりをかけられているでしょう。

そういう人はちょうど今、
勝負を迫られている。
勝率はあるようには見えない、
完全に乗るかそるか。
だけど今回は、
乗った先の可能性が莫大。
やるかやらないかで迷うようなら、
やったほうがいいと思います

特に今年は、
水瓶座木星期であるにもかかわらず、
5〜8月は木星が魚座に滞在し、
「水瓶座×魚座」という、
ミックスされたエネルギーに。

このエネルギーの特徴は、
何が起こるかわからないということ。
こう書くとすごくチープだけど、
奇跡と非常識がかけ合わさるので、
場合によっては、
天文学的確率のことが起こる。

ただし、
水瓶座も魚座も、
非常に神性の高いエネルギーです。
あなたが幸せになるのは構わないけど、
それが自己中心的理由だったりすると、
天文学的確率で手痛いしっぺ返しがある可能性があるので、
これを機に、
ご自身の心の在り方とか、
生き方を見直すことを強くお勧めします。

年末年始で新しい流れになった人は、
春分までにプランを立て、
4月12日の牡羊座新月あたりから、
プランを実行していく流れになるでしょう。

では、特に何もない日常をお送りのかたは?

実は私の周りには、
あまりそういう人がいない。
強いていうなら、
「私は今のポジションのままで大丈夫です」
そう宇宙に宣言している人でしょうか。

そういう人は、
それでもいいのかもしれない。
ちょっと勿体ないなと思ってしまうけれど。

2020年末〜2023年にかけては、
この奇跡×非常識のエネルギーが強い。
個人のチャートにもよるけれど、
ここは勝負のかけどきかな、とも思うのです。

長い目で見れば、
この期間というのは、
2023年という大きなスタートの準備期間でもある。
下地を作る時間というか。

なら、ここで可能性を広げておくのが得策かと思うのです。

まぁ、これは個人の生き方とか、
ライフプランに関わる問題でもあるので、
あとはあなた自身で考えてください。

でも、大事なことは、
人生には長期的な視野が必要だということ。

占いはそのためのツールでもあります。

当たった/外れたという、
目先のことだけではなく、
あなたの人生を豊かにするために、
占いを上手く使ってくださいね。

友だち追加

カテゴリー: その他

QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です