自分の都合を押し付ける人たちと、「キレる」いい人たち

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは!
ケーナ・ボクソンです。

オリンピック開催が、
数日後に迫ってきました。

なのに、
参加選手が行方不明になったりと、
なんだか全くもって落ち着かない。
世紀の大イベントに
ワクワク、ソワソワと言うより、
なんと言うかもう不安しかない。

星の動きとか、
フォロワーさんからの声とか、
世間の様子なんかを見ていて、
ここのところ、
なんかすごく違和感があったのですよ。

「運勢が変」とか、
「星の動きが変」とか言ってたりしたけど、
当たり前だけど
天体はいつものように、
それぞれの公転周期に則って動いているので、
普段は逆行しない太陽や月が逆行したり、
いつもはしない動きをしたり、
そう言うことは全くない。
ただ、惑星同士の配置が
変わっているというか、
独特なだけで。

「じゃあ、
この違和感の正体はなんなんだろう」

その答えに辿り着いた……
ような気がするので、
今日はそのことについて
お伝えできたらと思います。

 

自分の都合を押し付ける人たち

 

コロナでこんなにも、
世界中が疲弊しているのに、
オリンピックは強行の見通し。

「なぜ」強行されるのか、
その決定打はわかりませんが、
一説には、
オリンピック中止時に、
日本政府が支払わなければならない、
莫大な違約金がある、とされます。

もちろん、
オリンピックが頓挫するのは困るのでしょう。
でも、今回の状況で、
強行する合理的な理由はないように思います。

それでも、
違約金の免除は認められない。

バッハ会長の言動を見ていても、
IOCが自分たちの都合を、
ただ押し付けているのではないか?
そんな気がするのです。

一方で、
個人レベルにまで目線を落としてみると、
ここ数ヶ月で、
「なんかよくわからないけど、
悪い方に変わってしまった」人が多いように思います。

前は上品な言動をする人だったのに、
急にネガティブな発言が目立ったり、
下品な行いをするようになったり。

他人の好意に対して、
「それを私が受け取るのは当然。
もっともっと私のために働いてちょうだい!」
自覚のあるなしはともかく、
そういうわがままさが目立つようになったり。

職場の人の言動が目に余る……
こちらの都合を聞くでもなく、
金銭的・労力的・時間的な協力を求めてくる……
(「お願い」じゃなくて強要や脅しのことが多い)

あなたにもこんな人に
心当たりがあるのではないでしょうか?

自己中心的な人の影には、
「いい人」がいる

 

とはいえ、
こういうわがままな人ばかりだったら、
お互いに衝突し合い、
ケンカになってしまいますよね。

そう言う例もなくはないけど、
あまり聞かない。
多くの場合は、
自己中心的な人のわがままを、
「はいはい」と聞く、
「いい人」たちがいる。

「いい人」たちは、
最初は好意とか親切心で、
わがままな人たちの要求を叶えていた。
しかし、わがままな人たちは調子に乗った。
要求はエスカレートし、
「いい人」たちが迷惑に思っているのも見えていない。
それでも、自分の都合や欲を満たすために、
「もっと、もっと」と
要求を突きつけてくる。

星の動きで言うなら、
土星/海王星=木星(D)がまさにこれ。
他人の迷惑を自覚してないばかりか、
それがどんどんエスカレートしている。

土星は天王星とタイトなスクエアなので、
その要求は夜討ち朝駆けの如く、
場所も時間もわきまえない。
文章にすると、
いかに最悪なのかがわかりますけど、
それに「いい人」たちは耐えちゃってる。

これ、どう考えたって、
不健全な関係ですよね?

 

静かに「キレる」いい人たち

 

そして、
「いい人」にだって限界はあります。
感謝のひとつもされないのに、
はいはいと召使いのように
言うことを聞いてなんかいられない。

平たく言うと、
「キレる」と言うことなんだけど、
これがいつかな?
と言うことを考えながら星を見ていると、
おそらく7月10日の蟹座新月が画期だった。

この時は火星/土星=天王星(D)、金星が成立。
抑圧に対して、キレてしまう。
だけどこのキレ方は、
瞬間的にキレて、
衝動のままに相手にやり返すという類のものではなく、
瞬間的にキレるのは同じでも、
じわりじわりと計画的に、
相手の社会的な立場を崩していく、
そういう性質のもの。

プッツン来たら最後、
相手の立場を完膚なきまでに叩きのめす、
そんな恐ろしささえ感じます。

わがままな人たちが、
「いい人たちを怒らせてしまった!」
それに気付くのはいつか?
星の流れを見ていると、
8月8日の獅子座新月がターニングポイント。
とはいえこの時にはもう既に時は遅くって、
場合によっては法律や国さえ動かしてしまっているでしょう。

まぁ何事も因果応報なので、
自分のした事に対する責任は
しっかり取っていただきましょう。

これを読んでいるあなたは、
「いい人」の側であるだろうと思うので、
あまり心配はしていませんが……

 

とはいえ、自衛は必要である

 

とはいえ、
今回のことも大事な学び。

あなたは他人に親切であろうとするあまり
(あるいは他人に嫌われたくないあまり)
自分を犠牲にしすぎていませんでしたか?

自分にとっては負担だったのに、
「自分さえ我慢すれば……」そんな気持ちで、
感謝もしない人のために尽くしていませんでしたか?

まずはそこのところを、
よく考えて欲しいのです。

風の時代と言われてしばらく経ちますが、
風の時代は、
自己管理・自己責任が基本。
あなたがどれだけ誰かのために尽くしても、
見返りがあるとは限りません。

地の時代は、
相手に尽くした事に対して、
見返りを与える義務があった。
それが暗黙のルールだったからこそ、
成立していたものがたくさんあった。

1980年代初頭から、
地→風の時代の過渡期になり、
会社が労働者の人生に対して、
責任を持たなくなったのはご存知の通り。
今後もあの時代のルールで生きていると、
あなたは報われないばかりか、
どんどん他人に搾取されていくでしょう。

だから、
今「いい人」の側にいる人は、
「都合のいい人」にならないように気をつけてください。

あなたにとって厳しいこと、
難しいことは、
無理して受ける必要はないのです。
だって、無理したって、
相手はあなたに見返りはおろか、
感謝さえしてくれないかもしれないから。

お金を貸すときに、
「返してもらいたいなら貸すな、
あげてもいいのなら貸せ」
そんな格言がありますが、
今後はあれに近い心構えでいないと、
色々と苦労を背負い込むことになりそう。

風の時代はまだ始まったばかり。
今ここで気づけたあなたは、
ラッキーだったと思います。

今後は他人のために無理をせず、
あなた自身を大事にしてくださいね。

友だち追加


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。