受け取るってどういうこと?意外と多い「幸せの受取拒否」!

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは!
ケーナ・ボクソンです。

もうすぐ、
今年2度目の水瓶座満月がやってきますね。
これを境に、
物事が反転していくように感じています。

この1年と少し、
手放すものが多かった人は、
晴れて新しいものを得ていくフェーズに移っていくでしょう。

が。

新しいものや幸せを、
「受取拒否」している人が、
すーーっごく、多い!

今日は新しいことを
受け取るためのコツについて、
お伝えしたいと思います。

 

ネットで注文した品物が届いた!

 

最近ではネットショッピングが普及し、
ネットでものを買ったことのない人の方が、
少なくなってきましたね。

特に最近はコロナで、
お買い物はほとんどネット、という方も、
多いのではないかと思います。

その、ネットで注文した品物……
ピーンポン♪と音がして、
運送屋さんがお届けに来た模様。

だけど、
「誰か来た!怖い!!」
そう思って出なかったら、
運送屋さんは、
不在票を残して、
品物を持ち帰ってしまうでしょう。

運送屋さんなら、
不在票を入れてくれるし、
連絡すれば再配達をしてくれますが、
神様の場合はそうはいきません。
運送屋さんのお仕事軽減のために、なるべくお荷物は一発で受け取ってね。

不在票はないし、
再配達もしてくれない。
気が向けば何度か持ってきてくれるかもしれないけど、
そうでなければ、
持ち帰った品物=「幸運」は、
別の誰かに届けられる。

本当は、
あなたが受け取るはずだった「幸運」を。

実は、
こんな惜しいことをしている人が、
かなりたくさんいるのです。

 

何で受取拒否しちゃうの?

 

幸せを受取拒否しちゃう、
その大きな原因のひとつが、
「変化への恐れ」ではないかと思います。

人間は安定を好む生き物。
特に女性は、
「成功回避欲求」が強く、
自分へ変化を加えようとするものに対して、
本能的、反射的に拒否をしてしまうという
性質を持っています。

これは防衛本能のひとつなのですが、
それ以上に、
後天的な教育などによっても、
これが強化されてしまっている。

街頭で配ってるサンプルを
何となく受け取ったら、
商品を売りつけられそうになった。
あるあるなシチュエーションですが、
これの何が問題なのでしょうか?

もしかしたら、
その商品はとてもいい商品かもしれない。
商品を売りつけられそうになったのではなく、
売り子さんはただ、
商品の説明がしたかっただけなのかもしれない。

でも、成功回避欲求が働くと、
「もしかしたら粗悪品かも」
「もしかしたらすごく高い商品を
 売りつけられてしまうかも」
このような気持ちが先に立ってしまいます。

もし商品が必要ない、
またはあなたの需要に見合わなければ、
そう判断した時点でお断りすればいいのです。
しかし、「イエス」を言うより、
「ノー」を言う方が、
心理的に負担が大きいので、
「もしかしたら粗悪品かも」などという理由をつけて、
自分を守ろうとします。

「危うく買わされるところだった!」と。

しかし、
このような傾向にある人は、
自分が本当に必要なものが何なのか、
実はよくわかっていません。

そしてこの行動パターンこそが、
幸せを受取拒否してしまう、
大きな原因なのです。

 

自分に何が起ころうとしているのか見極める

 

ネットで買った品物の話に戻りますが、
あなたの家のインターホンを押したのが運送屋さんで、
ニヤリと笑った箱を持っていたら、
あなたは迷わず、
玄関のドアを開けるでしょう。

インターホンを押した人が、
何をしにきたか、
あなたにこれから何が起こるかが明確だからです。

もし、
街頭で配っているサンプルが、
中身がどんなもので、
それを使うとあなたにどんな変化が起きるか
事前にわかっていれば、
あなたはサンプルを受け取るでしょうし、
何ならその商品を買うかもしれません。

でも、自分に何が起こるかわからないから、
変化を恐れて、拒否してしまう。

神様がくれる幸運もこれと同じ。
もしかしたら、
神様はすごくいいものを
くれようとしているのかもしれない。
でも、受け取るまでは、
何をくれようとしているのかわからない。

だったら、
一旦受け取ってしまえばいいと思うのです。
受け取ってみて、
自分に何が起こるのか、
起ころうとしているのかを見極める。

それが大事なことなのに、
「自分で見極める」ということをしない人が、
あまりにも多い。

運を開くために大事なことは、
状況を見極めて、
自分に必要なものを、
取捨選択していくこと。
なのにそれすらしないで、
メディアの言うことに流されたり、
自分の意思と反していても、
大多数の意見に倣ったり。

その割に、
あなたのことをよく知る人が、
あなたにお勧めしてくれるものには
表面的にはハイハイと受け入れて、
内心耳を貸さなかったり。

そんな人が多いと感じます。

 

幸運の女神は、前髪しかない変な人

 

そして、
せっかく幸運を受け取っても、
それを捨ててしまう人も多いです。

それは、
ネットで買った品物に例えるなら、
箱がボロボロだったり、
そういうこと。

中身は無事なのに、
箱がボロボロだというだけで、
「なんかこれやばい!」と判断し、
受取拒否……

これは、
表面的な事柄だけに惑わされてはならないという意味ですが、
神様は試すんですよ。
あなたが本当に、
その幸運を使いこなす覚悟があるか、
もっというなら、
本当に幸せになりたいと考えているのか。

少々厳しいことを言いますが、
不幸でいる方がラクなんです。
毎日愚痴や不満を言って、
うまくいかないことも
誰かのせいにしてしまえばいいから。

幸せを受け入れるということは、
自分の身に起こったことの責任を、
自分で取るということ。

あなたは、これ、できますか?

幸運の女神は、
よく言われているように、
前髪しかない、変な人です。
一説にはおっさんであるとも言われています。
これは比喩ですが、
幸運が来た、とわかっていても、
「前髪しかない変な女だ!」
見かけだけでそう判断して、
本質を見ないような人は、
彼女を捕まえることなどできないでしょう。

よく考えたら相当パンチある髪型

似たような話は、
世界中にたくさんありますが、
どれもそのお話が言いたいことは同じです。

 

人がおすすめしてくれるものには素直に乗ってみる

 

とはいえ、
それが具体的に何なのか、
わかってない人も多いのが、
私としては頭の痛いところ。

以上の話で、
自分が何をすべきかわからない人は、
まずは親しい人がおすすめしてくれるものには、
素直に乗ってみてください。

「このコスメいいよ!」と言われたら、
とりあえず使ってみる、
「これ美味しいよ!」と言われたら、
とりあえず買ってみる。

あなたの信用のおける、
身近な人がおすすめしてくれるものなら、
あなたに合っている可能性大。
せっかくすすめてくれているのに、
無視するような思考パターンこそ、
幸運を受取拒否する思考パターンに他なりません。

あなただって、
親しい人に何かをすすめるとき、
そこに悪気はないでしょう。
でも相手に勘繰られて、
その気持ちを無視されたら、
あなたはどう思うでしょうか。

ここでポイントなのは、
「あなたのことをよく知る、
あなたと親しい人がすすめてくれるもの」であって、
雑誌や広告でよく見る商品や、
見ず知らずの人がすすめてくるものに
なりふり構わず乗れと
言っているわけではないので注意してください。

そういう意味の警戒心は、
なくしてはいけません。

あなたもご自分を振り返って、
親しい人のおすすめは、
積極的に取り入れていってくださいね!

友だち追加

日々の生活におけるちょっとしたアドバイスは、
LINEにて好評配信中♡


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。