SNSで人を呪っていませんか?

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは!
ケーナ・ボクソンです。

少し前、
「世は情報化社会だ」と言われていた時期がありましたが、
今はそれを通り越して、
SNS社会であるように思います。

ところで、
赤の他人のプライベート情報を
簡単に知れてしまう昨今ですが、
それに対してよからぬ感情を持つ人が一定数いることを、
あなたもご存知なのではないでしょうか。

今日はそんな
「SNSに潜む落とし穴」について、
お話ししたいと思います。

 

SNSは呪いに向いている?

 

先日、
星野源さんと新垣結衣さんがご結婚されましたね。
それに関して、
SNSは大いに盛り上がりました。

お二人を祝福するコメントが大半でしたが、
中にはそれに対して、
ネガティブなコメントも散見されました。

理由は色々あるのでしょうが、
それをSNSに書いて世界中に公開することは、
実はお二人に対して、
「呪いをかけている」ことになるということを、
多くの人は知りません。

呪術の最も基本的な理論は、
「模倣」「顕在化」です。
模倣は丑の刻参りのように、
相手に見立てた人形などを痛めつけることで、
相手にもダメージを与えようとするもの。

顕在化とは、
叶えたいイメージや現実を
多くの人に認知させることで、
実際に引き起こすことです。
ある意味では、
大衆における意識操作、
世論操作というところでしょうか。

SNSでの誹謗中傷は、
この「顕在化」に当たります。

例えば、
先程のお二人に対して、
「早く離婚すればいいのに」
このようなコメントを投下したとします。
もちろんこれはただのやっかみですが、
それに対して「いいね!」などをつけて
賛同の意が集まれば、
それは無意識の世界において、
一定の力を持つようになります。

また、このような行為は、
純粋にお二人を祝福する人の感情に対して、
水を差すことになります。
お二人の幸せを後押しするエネルギーに対して、
足を引っ張ることにもなるのです。

これは立派な、
「呪い」に該当します。

この意味では、
SNSは呪いのツールとして、
非常に有効な手段であると言えるのです。

 

SNSでくらい、愚痴を言いたい

 

とはいえSNS上では、
毎日のように、
ネガティブなコメントが投稿されています。

SNSが習慣化している人も多くいますが、
私たちが毎日目にする他人の意見は、
少なからず私たちの意識に影響を与えています。

ネガティブなコメントばかりを、
好んで見ている人もいるそうですが、
これは本当に良くありません。

他人の呪いに賛同し、
自分もそれに加担してしまう。

「SNSという匿名の世界だからこそ、
愚痴くらい好きに言いたい」
そのような声も時折聞きますが、
匿名だから人を傷つけたり、
不快な投稿をしていいことにはなりません。

匿名と言っても、
アカウントを設定している時点で、
それはネット上の「個人」となり、
「匿名の誰か」ではなく、
「〇〇というアカウントの人」という扱いになります。

顕在化に該当する呪いをかけるときは、
その呪い主が誰かということを、
隠すのが普通です。
場合によっては、
身元が割れてしまうことで、
呪い主に呪いが全て返ることもあります。

上述したように、
SNSは匿名のようで匿名ではありません。
アカウントがばっちりわかる状態で投稿したネガティブなコメント=呪いは、
全てその投稿主に返っていきます。

SNSが普及してからというもの、
この原理で運を落としている人が本当に多いです。
SNSでままならない現実に対して
愚痴や中傷をすることで、
さらに現実がままならなくなっていきます。
ストレス解消のためにしたことで、
逆にストレスを溜めてしまうのです。
これがいかに馬鹿馬鹿しいことか、
これを読んでいるあなたなら、
ご理解いただけるかと思います。

 

言いたいことは、直接本人に

 

そもそも、
本当に言いたいことがあるのなら、
それはSNSではなく、
直接本人に言うべきです。

SNSでどれだけ陰口を叩いても、
現実が改善することはありません。
ならば、直接本人に言う方が、
よほど建設的です。

これができないというのは、
あなたの覚悟が足りないのに他なりません。
戦う勇気も、
勝てる見込みもないのでしょう。
だから陰口を叩く。
逆にいえば、
それは相手に対して意見する資格がないということです。

誰かを批判するときに、
例えば政治家であるなら容姿や女性問題とか、
その人の活動の本質とは関係ない部分で揚げ足を取る方法は一般的ですが、
それは「あなたの活動に関して批判するところはありませんよ」
そう認めたのと同じです。
それは批判ではなく、
ただの悪口です。

的を得ない批判=悪口は、
「私はバカです」と札を下げているようなもので、
自分自身に対して呪いをかけているような状態であるともいえます。

これがどれほど恐ろしいことか、
理解している人が本当に少ないのが残念です。
誰だって、
バカと付き合いたいとは思わないでしょう。
このようなことをしている時点で、
よいご縁はほぼ絶たれると思ってください。

 

SNSは、賢く使う

 

とはいえ、
SNSはよく使えば、
あなたの運を大幅に上げてくれるツールです。

賢い人はもうお分かりでしょうが、
SNSではポジティブな投稿が基本です。
自分の意見を述べるときは、
それが的外れにれなっていないかに気をつけましょう。

その投稿を見た人に、
ポジティブなエネルギーを与え、
そのエネルギーが循環して、
自分に返ってくる。

そうやって運気を上げている人も、
少ないのですが、
確かにいます。

SNSは上手に使って、
賢く開運してくださいね。

友だち追加


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です