2019年7月 イギリス スピリチュアルな旅〜イギリスはかわいい

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは!
ケーナ・ボクソンです。

今日も昨日の続きです。

昨日の記事をまだ読んでない方は
こちらをクリック!

さて、ヒースロー空港で無事の再会を果たした我々姉妹、
とりあえず空港のスーパーで
明日の朝食用のフルーツやパンを買い、
タクシーへよっこらしょ。

ちなみにイギリスはフルーツが安く、
500円も出せば山盛りのフルーツが手に入ります。

しかも美味しい!

滞在中、毎朝フルーツだったのは言うまでもありません。

あとは乳製品も超安。
バター1ポンド(450g)が2ポンド(300円くらい)だった気がする……

お菓子作り大好きな身としては、
これはとてもうらやましい。

日本だと同じ量買おうと思ったら、
安くても1000円くらいしちゃうんじゃないかしら。

話がそれました。

さて、タクシーに乗って、一路リッチモンドへ。

ところがこのドライバーさん、
結構訛りがきつい上、
いわゆるボソボソした喋り方なので、
何言ってるのかよくわからない。

とりあえず住所をメモした紙を渡し、
目的地を伝えたものの、
時間帯はちょうど、ラッシュアワー。

進まねぇー(涙)。

ネットにはラッシュにハマらなければ3000円程度、
ラッシュだと7000-8000円とありましたが、
結局1万円近くかかりました。

チップもモタモタしてたら払えなかったし、
色々と課題が……

ここはもう、
リッチモンドのリッチな街並みを見て、
心を慰めましょう。

可愛くないですかー?
この番地の標識!

壁に埋め込んであるんです。

街並みも統一感があって美しい。

見えるかな?門の真ん中のとこ。
「347」これ番地です。

イギリスの家は、玄関ドアや壁に番地を書いたり、
彫金で表示してあったりで、
わかりやすい上に可愛いです。

ちなみに通りの片側は偶数、
もう片側は奇数とわかれているんだそう。
色々工夫があるんですね。

この時は閉まってて入れなかったお店。

とても可愛くて入りたかったのですが、
朝出かける時には入れないし、
夜戻ってきた時にはもう開いてないしで、
ホテル近くで行ったのはスーパーくらい。

今度はホテル周辺でのんびりする時間も作ろう……

ホテル最寄りだったキュー・ガーデンズ駅。
いい意味で古くて、味わいがある。

そしてホテル。

今回は5泊なので、普通のホテルではなく、
キッチンのついたタイプの部屋を選びました。

なれない海外旅行で体調を崩した時に、
なれない食事はつらいもの。

……と思っていたんですが、
全くの杞憂でした(笑)。

まぁ、それはそれ。

部屋、シックで素敵✨
洗濯乾燥機もついてる!

そしてこれ!
ウェルカムトリート!(食べていいやつ)

お菓子にパスタに牛乳にと、
とにかく太っ腹!

ホテルに着いたら気が緩んだのか、
小腹のすいた我々は、

ソッコーでペンネを茹でて食べたのでした……

普通は、時差ボケなどがあるのでしょうが、
我々はいたって元気で、
ペンネでおなかを膨らませた後は、
すぐにスヤスヤ夢の中……

いよいよ、
明日はロンドンを観光するよ!!

待て!次回!!

友だち追加

友達に追加していただくと、
日々のラッキーアドバイスと、
ブログの更新通知が受け取れますよ✨

ご登録はこちらをクリック!


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です