2019年7月 イギリス スピリチュアルな旅~グラストンベリーと4つの宝具 その1

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは。
ケーナ・ボクソンです。

さて、尿意の荒波にも耐え、
グラストンベリーの麓街にたどり着いた我々。

この時午前10時ほど。
朝6時に出発した我々にとっては、
そろそろおなかのすく時間です。

と、いうわけで、
本場のイングリッシュブレックファストを食べに連れて行ってもらいました!

場所はひなびた、おじいさんがやってるカフェ。
半分オープンで、とても大衆的な雰囲気。

で、来ました、来ました、
憧れのイングリッシュブレックファスト~♪

これこれ!
これが食べたくてイギリスまで来たの!!(大げさ)

ベーコン(ハム?)はすごい肉肉しくて、
ソーセージはぼそぼそした仕上がり。

Kさん曰く、このソーセージは体にあまりよくないらしいけど、
どうやって作ってるんだろう……

で、端っこでそこそこの面積を占めているベイクドビーンズですが、
これ、しょっぱいのかと思いきや、
すっぱ甘い?独特の味。
トマトの味ともちょっと違うんです。

Kさんはこれがあまり得意ではないそうだけれど、
私はどっちかっていうと好きだな~。
豆LOVE。

紅茶につくミルクは、
日本だとコーヒーフレッシュ(植物性脂肪)なことも多いですが、
ここではしっかり牛乳です♪

それにしても、イギリスの紅茶は日本と違って、
味が濃いというか、ボディが強いんですよね。
ただ濃いのとは違う。
それがミルクとマッチして、とっても美味しい。

これは水の違いなのかしら……

さて、しっかり腹ごしらえをしたところで、
グラストンベリーに登ります。

グラストンベリーはとても急峻な丘で、
その上にトーと呼ばれる塔が建っているんですね。
件の蝙蝠マンホールはここではないらしいのですが、
行ったからには登ります。

Kさんは1ヶ月前にも登ったそうなのですが、
私達が行ったときには、
頂上付近のアザミの群生が満開で、
とてもきれい。

ちなみにアザミは私のバースデーフラワー。
歓迎されてるように思いました。

中腹くらいから見るとこんな感じ。
急さ加減がわかりますよねー……💧

頂上のトー。

トーの周りを一周した風景の動画がこちら。
音はいってるので閲覧注意!

img_7379

https://quenabokson.net/wp-content/uploads/2019/08/img_7379.mov

ところで、
このトーのある位置に、
エクスカリバーが突き刺さっていたそうなのですが、
実はこの場所、
ただトーがあるだけなんですね。

で、このトーは、実は屋根がなくて、
中心部は吹き抜けなんです。

トーの中に入り、
「あれ……剣がないや」、
そう思って上を向いた瞬間、
上からでっかい剣が降ってきた!!

「わっ、刺さる!」
そう思って目を閉じたら、
剣は私の体の中に吸い込まれていきました……

エクスカリバーを抜いた者は、
王になれるというけど、
物理的に抜くわけじゃなく、
この「トー」自体が、
エクスカリバーの鞘だったのです。

この地に集うエネルギーそのものが、
エクスカリバーの正体。

そのエネルギーをありがたく受け取って、
私達はこの丘を下ったのでした……

でもでも、トーには、蝙蝠のマンホールはなく。
そのマンホール自体は、
別の場所にあったのです。

続きは待て!次回!!

友だち追加

友達に追加していただくと、
その日のラッキーアドバイスと、
ブログの更新通知が受け取れますよ✨

ご登録はこちらをクリック!


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。