2019年7月 イギリス スピリチュアルな旅~シェイクスピアとステキなカフェ

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは。
ケーナ・ボクソンです。

今回もイギリス旅行記の続きです。

さて、Sさん待ちでコーヒーを楽しんでいたところに、
Sさん登場。

Sさんは鍼灸師なマダムなのです。

場所を変え、シェイクスピア・グローブ・シアターの隣にあるカフェへ。

シェイクスピア・グローブ・シアターは、
テムズ川沿いの由緒ある劇場。
詳しくはこのページを読んでね。

シアターというだけあり、
円形劇場の形をしていて、
夜の公演は月あかりで行われるのだとか。

今回は残念ながらここで観劇をする時間はなかったけれど、
お土産物屋さんには行きましたよ。

次女に「真夏の夜の夢」の絵本を購入。

……こういうところでは定番なのかもしれないけれど、
木製の剣のおもちゃ各種も置いてありました。
その場でチャンバラごっこに興ずる少年数人(笑)。

息子に買って帰ろうか迷ったけど、
飛行機乗れなくなると困るのでやめました。
買って帰ったら絶対振り回すし。

で、行ったカフェは、大層ステキで、
テムズ川の爽やかな風の吹きこむ窓際の席に、
こんな素敵なブーケが飾ってあったり。

 

ヨーロッパはやっぱりお花のセンスがいい、
そして安い。

窓からの眺めも情緒があっていい。

こんな素晴らしい環境なのに、飲み物のお値段も安いのですよ。
パイナップルジュース、400円しないくらいだった。

シェイクスピア・グローブ・シアターにお立ち寄りの際は、
ぜひその隣にある「SWAN」にも♪

SWANのホームページはこちらをクリック

さて、SWANでパイナップルジュースをいただいた後、
旦那様のTさんとも合流し、
そのままベジタリアンレストランでディナー。

奥様のSさんは鍼灸師ですが、
旦那様のTさんは漢方がご専門。
彼は「傷寒論」という、
日本語で書かれた漢方の専門書をテキストに、
勉強をしているそうなんだけれど、
ところどころ読めないところがあって、
それで私にヘルプを求めたのです。

内容を見てみると、
明治初期のような文体で、
私には楽勝だったので、
少々レクチャーをば。

そうそう、このベジタリアンレストランに行く途中、
不思議なことがあったのですよ。

渡英する数か月前、
ロンドンを歩く夢を見たのですよ。

赤レンガの建物が大きな通り沿いにあって、
その最上階に友人(男性)が住んでいて、
窓から私を呼んでいる。

その通りを進んだところにはスーパーがあって、
1階で日用品の実演販売をしている。

実演販売を見ていたら、何人か聞かれたので、
日本人だと答えたら、
「日本の100円ショップには勝てないわよ」
と実演販売のお姉さんに言われた……という夢。

その夢に出てきた赤レンガの建物が、
いま、まさに目の前にあるではないですか。

聞けばその角を曲がったところにはスーパーもあるという。
夢と同じ。

もちろん、その建物には友人も住んではいないし、
その夢にどんな意味があったのかは分からないけれど、
そんな不思議なこともあるんだ、ということで、
長い長い、ロンドンの2日目が終了。

帰り道、地下鉄の方向を間違えたり、
Wi-Fi電池切れしてたりと、
ハプニングもあったけれど、
無事ホテル到着。

明日もロンドン観光。
待て!次回!!

友だち追加

友達に追加していただくと、
日々のラッキーアドバイスと、
ブログの更新通知が受け取れますよ✨

ご登録はこちらをクリック!


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です