2019年7月 イギリス スピリチュアルな旅~ロンドンでお買い物

投稿者: QuenaBokson 投稿日:

こんにちは。
ケーナ・ボクソンです。

イギリス旅行3日目。
この日はロンドンでお買い物。

Kさんと、自然史博物館に朝10時に待ち合わせ。

……なのですが、
私はお泊りの荷物&Kさんへのお土産で手いっぱいだったので、
妹にナビを任せたところ、
最寄駅から5分の道のりを、
20分以上歩いた挙句、
全く違う駅にたどり着いたという……

どゆこと!?(怒)

「旅にハプニングはつきものだってば、
おねーちゃん(テヘペロ)」

重い荷物をもって20分歩くの大変だったんですけど!?

その後、自然史博物館の最寄り駅、
サウスケンジントン駅に再集合し、
無事Kさんとは合流できたのですが、
ご機嫌ナナメな私を見かねて、
Kさんが「お茶おごりな!」と言ってくれたので、
自然史博物館の隣の、
ヴィクトリア&アルバート博物館のガーデンカフェで、
妹にお茶とスコーンをおごらせました。

このヴィクトリア&アルバート博物館、
とにかく建物が素晴らしくて、
カフェの内装も素敵だったのだけれど、
人がたくさんいたので写真は自粛。

その代わり中庭を動画に撮ってきましたよ。
(ちょっと音が出るので注意してね)

https://quenabokson.net/wp-content/uploads/2019/08/img_7375-1.mov

よく考えたら、こちらのカフェで、
クロテッドクリーム初体験。
もっとクリーミーなものを想像していたのですが、
存外バターに近い感じ。

個人的にはスコーンには、
リコッタチーズ塗って食べるのが好きです。
(どうでもいいですね)

さて、自然史博物館に何しに行ったのかといえば、
お土産を買いに行ったのです。

息子のお土産リクエスト、
恐竜の歯の化石。

勿論本物は博物館の展示品なので、
そのレプリカがあればな~、と思っていたのですが、
これが存外にない。

そもそも、「化石のレプリカ」がない。

自然史博物館にあるミュージアムショップ、
全部回って、
一番大きなミュージアムショップに、
ありました、ありました。

メガロザウルスの歯の化石(レプリカ)。

お値段も数百円とお手頃だった。

無事お土産もゲットしたところで、
バスに乗ってロンドンの中心部へ。

ロンドンといえば二階建てバスですが、
屋根あり、屋根なし、両方見ました。

いわゆる「路線バス」は屋根ありバス。
屋根なしバスはいわゆる、はとバスみたいなやつなのかな?

さて、ロンドンで買うものはお土産だけじゃござんせん。

下着です。

私は胸が大きくて、日本のブラはほとんどがサイズアウト。
セミオーダーで作れば手には入るものの、
1枚1万円近いものが多く、難義していたのです。

日本のインポートものの下着は総じて、高いし。

イギリスなら安くてサイズがある!ということで、
数件下着屋さんを見て回った後、
M&Sへ。

M&S……日本でいえばどういうブランドなのかなぁ……
衣料品も雑貨も扱っている、
総合ショップみたいな感じかなぁ。
イトーヨーカドーやイオンほどカジュアルじゃないけど、
まぁそういった感じの雰囲気。

下着フロアもワンフロアまるまる!嬉しい!!

が!!!

イギリスの下着は、
なぜかスケスケなものが多いのです。

そういうのを好む男性が多いってことなのかなぁ……

ホールド力が心配なので、
スケスケを除外すると、
これが意外なほど残らない。

お値段×デザインの兼ね合いで、
残ったものでサイズを探すと、
結局1つしか残らなかったという。トホホ。

試着してみたらもうピッタリで、
日本のブラみたいに胸が小さくも見えず、
綺麗なラインを演出してくれるので、
もうほんと大満足。

同じものを色違いで買って、
ついでにぱんつもセットで買って、
(日本だと巨乳は上下セット買いができない、
できるけど高い)
ホクホクでランチへ。

時間的には遅くなってしまったけど、
この日のランチはKさんオススメのバーガーショップ、
HONESTへ。

 

レモネードの瓶、なんか日本の漫画を彷彿とさせるけど、
made in UKでした。不思議。

ハンバーガーは食べかけで失礼。
サイズ感的には日本のグルメ系バーガーと同じくらいかなぁ……
でもこれくらいの具材感なのが、
アメリカ的ではなくイギリス的というか。

私はこれくらいの方が、
食べやすくて好き。

それにしてもさすがイギリス、
チーズはスチルトンが選べたのです。
※スチルトンとはイギリスの青カビチーズです

チーズそのものの味は、
日本との違いは感じなかったけど、
日本でチーズが選べるところは少ないよね。

何というか、
「あたりまえ」にその人やその国のこだわりを感じたりするけど、
やっぱりチーズに関するこだわりは、
日本よりずっとずっと上なんだなぁ……と思いました。

そしてやっぱり、
ポテトのレベルが高い!

この店のポテトは、
とってもサクサクで美味。
もうこれをまた食べに行きたいくらいおいしかった。

今回の旅で私は、
そうまずいものとは出会わなかったのだけれど、
「イギリスは食べ物がちょっと……」
そんな心境になった時は、
迷わずここにハンバーガーを食べに行け!
(と、Kさんが言っていた)

さて、無事に買い物を終えて、
我々は一路、Kさんのお宅へ。

続きは待て!次回!!

友だち追加

友達に追加していただくと、
その日のラッキーアドバイスと、
ブログの更新通知が受け取れますよ✨

ご登録はこちらをクリック!


QuenaBokson

占術・呪術研究30年。「当たる」占いにこだわり、あらゆる占いと霊視を組み合わせ、恋愛・結婚、金運、仕事、人間関係、人生から、人の生死など他ではタブーとされている分野まで鑑定可能。 鑑定結果を元に、「どう活かすと良いか」までをアドバイスいたします。 個人のお客様から会社経営者・投資家まであらゆるお客様のサポートをさせて頂いております。

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。